AO入試のメリットとデメリット

投稿日:

受験頑張れ

 大学入試には、一般入試、推薦入試、そしてAO入試などさまざまな受験方式があります。大まかな違いは把握しているけれども、具体的にはよくわからないという人は多いのではないでしょうか。

今回は、AO入試について紹介します。

AO入試とは?

推薦入試の一つでは?と思っている人が多いAO入試は、推薦入試といくつか共通点があります。

AO入試は、「Admissions Office(アドミッションズ・オフィス入試)」の略で、総合的に人物評価をする受験方式のこと。

面接、小論文、学部・学科の適正、志望動機などあらゆる面から生徒を評価するので、たとえ学力に自信がない人でも合格の可能性があります。

私立大学だけじゃなく国公立大学もこのAO入試を採用しており、幅広い選択肢から選べるようになっていますよ。

AO入試のメリット

推薦入試かAO入試どちらにしようか迷っている人は多いと思います。ここからは、AO入試のメリットについて紹介します。

メリットその1:人物像評価

AO入試の最大のメリット・特徴と言ってもいい「人物評価」。

通常、大学入試では学力を重視する傾向がありますが、AO入試では学力も含めた総合的な角度から判断するというのが他の受験方式と大きく異なる点です。

学力が足りないため一般入試や推薦入試で受験するのを諦めていた大学であっても、合格のチャンスがあります。

メリットその2:自分に合った大学を選べる

AO入試は、いわば生徒と大学のマッチングです。いざ大学に入ってみるとイメージしていたのと違うこともあるでしょう。

AO入試では大学が総合的に判断するので、イメージとのギャップが少なくなります。

入学後の努力はもちろん必要ですが、自分が本来持っている特性にどれくらい合っているかとはとても大切なことです。

メリットその3:早く進路が決まる

年内に進路が決まるのは、AO入試の大きな特徴です。早い段階で進路がわかれば、今後の大学や人生の目標をより早い段階で計画できるので大きなメリットになります。

早期に進路が決まることによって、大学で必要な知識や情報を一般入試組よりも早く準備することができます。

また、受験勉強に割くはずの時間を趣味などに使うこともできるので視野が広がりますね。

他にもいくつかメリットはありますが、代表的なのは紹介した3点です。

AO入試のデメリット

何も良いことばかりではありません。ここからはAO入試のデメリットについてです。

デメリットその1:勉強時間の不足

まず、AO入試と一般入試では受験時期が大きく異なります。

一般的に、一般入試は春頃まであるのに対してAO入試は年内に決定することが多く、その後の授業へのモチベーションの低下が問題視されることが結構あります。

勉強時間が足りなくなると、単純に学力の差だけに限らず「受験」という人生でプレッシャーのかかるものを経験しないことから、気持ちの弱さが露呈してしまうことがあります。

大学に入ってから、メンタル面はそれまで以上に非常に大きな役割を担うので、受験の時期から目に見えない差と言うものが出来上がっているのかもしれません。

デメリットその2:大学の授業についていけなくなる可能性がある

学力重視ではないAO入試は、時に学力を軽視していると言われることがあります。実際、6人に1人が大学を退学しているというデータがあり、近年学力不足が懸念されています。

特に、AO入試で入学した理系学部の学生に多くある傾向です。文系よりも単位取得が難しいと言われる理系に勉強時間の足りないAO入試組が入学することで、このような結果を招くのでしょうか。

デメリットその3:選考終了まで時間がかかる

受験した生徒を総合的に評価するAO入試なので、結果がわかるまでやや時間がかかることがあります。

一般入試のように遅い時期まで受験勉強をする必要はありませんが、待っているというのは結構ストレスになるかもしれません。

AO入試のデメリットを補うには大学生向け家庭教師

メリットがあればデメリットもあります。大切なのは、デメリットをどのようにカバーしていくのかということです。

特に2つ目までのデメリットに共通しているのが、大学についていけるかということですよね。

勉強時間が少なくなったり、学力が足りないのはAO入試の特性を考えても仕方がないことなので、それをサポートしてくれる大学生向け家庭教師というものが非常に役に立ちます。

大学生向け家庭教師は、授業対策はもちろんのこと、普段の大学生活の改善サポートも行なっているので、大学生活に慣れない学生も対象になります。

気になる人は、ぜひ無料学習相談をご利用ください。

AO入試で夢を叶えよう|まとめ

いかがでしたか?今回は、受験方式の一つであるAO入試について紹介しました。

メリットとデメリットを把握しながら、しっかりと対策をしていきましょう。

大学生向け家庭教師

単位が取れない、学部の講義についていけない。

対面指導とスカイプ指導の「2つのサポート体制」で個別指導します。

まずは様々な悩みを相談してください。

個別指導 家庭教師

大学に入学したものの、大学の授業に不安がある学生を対象に、対面型の個別指導で単位取得をサポートします。

初回の学習相談で、生徒一人一人に合わせたカリュキュラムを組み、所属大学や学部、教授に応じた個別対策を行っております。

およそ3ヵ月で、中学や高校の学習範囲から大学の単位取得ができる学力まで伸ばすことを目標に指導します。

スカイプ指導 家庭教師

スカイプ講座

東京都、神奈川、千葉、埼玉県エリア外の大学生が対象です。

パソコンを持っていなくてもスマートフォンによる受講が可能でき、スカイプの経験がなくても専属スタッフが電話で使い方を教えますのでご安心ください。

また電波状況が悪く満足に指導を受けられないときは、無料で振替ができます。

-家庭教師のコラム
-,

Copyright© 大学生向け家庭教師の無料相談 , 2020 All Rights Reserved.